うちのグラキリス紹介 vol.3

アイキャッチ(うちのグラキリスvol.3)株紹介

こんにちは。ぞーげきゅうです。
現在私が育てているグラキリスをご紹介していく記事。前回はこちらの株でした。

そして今回ご紹介する株は、こちらの現地球!

グラキリスvol.3の姿形
スポンサーリンク

出会い

2021年5月に、発根済みの現地球としてヤフオクにて購入。
ひと目惚れでした。

Yオークションの写真
可愛い佇まいにひと目惚れ。

株が到着して、開封後。

到着して開封後、少し傾いていた
植物が無事に届くかどうかは運もある。

しっかり丁寧に梱包されていましたが、少し土がこぼれて傾いてしまってました。
ここは配達時の扱いによるところもあるため難しく、どうしようもないところでもあります。

ただ、植替え適期なのでもともと到着したらすぐに植替えるつもりでした。
(葉が一部落ちていたり変色してますが、事前に情報は頂いて了承済みでした)

スポンサーリンク

お気に入りポイント

まずパッと見ですぐにわかるこの株の特徴。
そうです、ボディにまだらに入った迷彩模様!

迷彩柄と銀色表皮の対比
こういった迷彩模様は遺伝なのでしょうか。

この特徴的な迷彩柄は、なかなか見かけません。

そして、全体のフォルムのバランスですね!

正面からの写真

丸っこい塊根部に短めの枝がちょこちょこっと生えた姿。
うさぎっぽいというか、カニっぽいというか…今にも動き出しそうな生きもの感があるんですよね。

上から見てもまん丸。
迷彩柄が対比になって、銀色に輝く表皮が綺麗です。

上から見た写真
きれいなボール状。

濡れてボディに光沢が出た状態もまた、メタリックで美しい。

水やり後の濡れて光沢のある状態
グラキリスは濡れると光沢で高級感が出てカッコよくなりますが、特にこの株はそれが顕著!

私は水やりが好きなのでもともと楽しい作業なんですが、この株の水やりは特に楽しみです(笑)
株の形だけでなく、表皮の質感なんかにも色々個体差があって面白いですよね。

スポンサーリンク

管理上の特徴・所感

この稿を書いている時点では、この株は迎えてからまだ冬を越していないので開花状況はわかりません。
しかし、一度活性が落ちた状態から動いてくれたので、しっかり環境にはなじんでいると思います。

落葉後、新葉が展開

迎えてからすぐに植替えたので、急激な環境の変化で調子を落としたのか一時的に落葉が進んでしまったのですが、夏にはしっかり軌道に乗って新葉を展開してくれました。

葉が少ないときの写真
7月半ば時点。だいぶ葉が減ってしまって少し心配でした。
新葉が展開したときの写真
8月半ば。1ヶ月でしっかりと葉が充実しました。

植替え時の根の状況

今年迎えてすぐの植替え時。
健康な根が蔓延るように張ってました。

植替え時の根の様子
少し土をほぐした状態。


ということで、私の育てているグラキリスのご紹介、第三弾でした!
この株も塊根部を指で押すと、カッチカチです。ゾックゾクします。

これからも大事に育てて長く付き合っていきたいです。
それでは、また!


▼次回の株紹介はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました